ゲイの社会人の遠距離生活

27歳と25歳のゲイの遠距離生活のブログです。

遠距離の終わり

彼氏とはうまいこといっています。

毎日電話していますがやっぱり一緒に

暮らしたい。


友情結婚ができれば異動できます。

同性婚が認められてれば一緒に暮らせたけれど。今はそれもできない。



首都圏籍の女性の方と結婚させてください。


卑怯なやり方かもしれないですけど

やっぱり一緒に暮らせるならそれがいい。


彼氏との関係性について

前の会社では「恋人いるの?」なんて聞かれたら彼氏を彼女に変換して

話していました。

 

結構それでも話がうまく続くもので、

女性ってそんなもんだよって言われたりします。

 

 

たまに旅行に行くんですけど

それの楽しかったランキングを2人でつけてみると

付き合った期間が短かい順に順位がついたりして・・・笑

 

1位 伊勢

2位 城崎温泉

3位 両国・浅草・台場

4位 博多

5位 伊豆 盛り上がりがなかった(笑)

 

宿泊を含めないともっとあるけど。

初めは2人で居るとなにをするにも楽しかった。ドキドキした。

今はドキドキは少なくなったかもしれないけど、相手が「美味しい」とか

言うと嬉しくなる。もっと美味しいものとか楽しいことを経験させてあげたいし

一緒に経験したいと思う。

 

次の旅行は、未経験の体験型のにしてみようかな。

パラグライダーとかラフティングとか

若いうちに体動かしとこーっと

f:id:sake-vind:20180111224812j:plain

 

 

 

 

誰が見てくれているのか・・。

あけましておめでとうございます。

 

1年ぶりの更新で申し訳ありません。

彼氏との仲は順調で、もう社会人と大学生ではなく

社会人と社会人になってしまいました。笑

 

でもまだ遠距離が続いていて・・。

距離は近くなったけれどまだ遠距離をしています。

 

本当は彼氏が社会人になるときに一緒に暮らしたかったけれど

色々あって関東と東北で遠距離をしています。

 

 

でもなんとかして一緒に暮らしたい。

どちらかが転職するしかないのでしょうか・・・・。

ちなみに東京ー仙台間の定期だと19万します。笑

 

 

4年目突入

新年あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いします。

 

自分の性格からかなかなかブログを続けて書くことが難しく、

更新を怠ってました。すいません。

 

 

彼氏とは順調にいっており、無事4年目に突入できました!!

遠距離恋愛でこの年数はなかなかいい数字だと思ってます。

 

実際に距離がある分、心の距離を離さないために

毎日連絡しています。

 

ほんとになにも話すことがないときは

テレビの音だけがイヤホンから聞こえますし、

相手が乗らない時はすぐ切りますからね・・・。

 

毎日連絡していると履歴の最後にいることが多くて

あんまり確認せず、発信とかしちゃうこともあって

会社の先輩に「たーくん」と呼びかけてしまった時は

なんてごまかそうか必死でした!

 

結局、甥っ子への呼びかけだと偽装したけど

バレてたんかなぁ。

 

ご対面

1ヶ月ほど連絡してようやくお互いに会えるスケジュールに。

 

僕は就職も決まっていたし、大学の授業もゼミだけだったし

暇もいいとこだったんですけど、

相手が忙しいようで待ちに待った初対面。

 

集合場所にしたのは、町の繁華街の漫画喫茶の前。

漫画喫茶だと個室ですし・・・。

 

で、いよいよ待ち合わせの場所で待っていても

相手はなかなか来なくて、どこにいますか?どんな服着てますか?とか

自分を遠目で見つけられて逃げられたのではないかと思って

気持ちが落ち着かないまま連続でメッセージを送ってましたわ。

 

結局目の前にいためちゃめちゃタイプな人でした!笑

相手は僕が事前連絡した服装と違ったので、この人ではないと

思ってたそうで、でもこの人だったらいいなとも思ってくれていたそうで。

 

待ち合わせ先の漫画喫茶に入って、それはそれで

楽しめるかなと思ったんですけど、ど緊張しましたね。

何話していいのかわからないですし、そもそも漫画喫茶だと声をだせないんで!笑

 

たまたまファミリーシートが空いていたので、2人でファミリーシートへ。

相変わらずお互い漫画を読んでいましたが、しびれを切らして

レジから借りてきたラブジェンガなるものをやりました!

 

ジェンガ ラブジェンガ NEXT

ジェンガ ラブジェンガ NEXT

 

 

 

僕らは今となってはピンクジェンガ、ピンクジェンガ言ってますが、

これで少しは距離が縮まりましたね!

「キスするとか」、「気になっている人に連絡する」なんかは

出たかどうか覚えてませんが唯一覚えているのは、

「何色のパンツを履いているか言う」です。

だって確認のためにゴムの部分を見せてもらいましたから!

(それだけで十分満足できました(?))

 

「来ている服を一枚脱ぐ」もありましたが、中に来ている服が

あれだったので恥ずかしかった記憶もあったようななかったような。

 

そんなこんなで漫画喫茶の時間は終わり、

相手のバイトまでの少しの時間、繁華街で立ち話をしてました。

ピンクジェンガのモヤモヤもあったので少し下ネタも。

あっという間に時が過ぎて空いては帰ってしまいました。

 

すかさず、「今日は楽しかったです!ありがとうございました」

みたいな文を送りましたところ、すぐに返事が帰ってきたので、

これは脈アリだと思いましたね!笑

 

それから次回のデートへとつなげていくのです!

(デートと言っていますが、まだ付き合っておりません)

初デート

前回の投稿が6月・・・。

三日坊主にもならない投稿ペースだったんですけど、

ちゃんと書いていこうと思います!

 

そもそもこのようなブログが2日も続かない僕が

どうやって遠距離でやってこれたのか。

 

 

彼氏との出会いはスマホアプリです。

僕はアプリで出会いは求めず、ゲイの世界の人とはあまり

関わっていませんでした。

 

 

ただ出会いが欲しくてアプリを入れて、しっかりプロフィール書いてみたものの、

なかなか出会うことはできず、こんなものか、と思いながら放置してました。

 

たまに見た時にかっこいい人可愛い人は

目につくわけで、彼氏もその一人。

結局連絡はせずお気に入りに入れるだけ。

 

でもいいことはあるもんですね( ^ω^ )

なんと向こうから連絡が来たんです!

嬉しいですよね!今思い出しても嬉しいです。

 

相手に嫌われないように、言葉をチョイスしながら

会う日程を決めるまでのメールが楽しいこと。

 

 

本当に会えた日のことはまた明日にでも

ゲイの遠距離恋愛

はじめまして。

 

僕と彼氏の遠距離生活が始まってから2年が過ぎて

過去のこと、これからのことをみなさんと共有しながら考えていけたらなと

思ってブログを立ち上げました。

 

 

そんなに重くならないように頑張りますので、宜しくお願いします!